ストラテジック・パートナーズ

ストラテジック・パートナーズ株式会社(以下、「当社」といいます。)は、金融庁が2017年3月30日に公表した「顧客本位の業務運営に関する原則」に賛同し採択するとともに、当社においてこれを実現するための方針を以下に定めます。(なお本方針において「お客様」とは主に、当社と直接お取引を行う当事者様及び、当事者様を通じて投資活動を行う投資者の皆様をいいます。)

  • 1.お客様本位の業務運営に関する方針の策定・公表等
    • 当社は、お客様とともに事業に携わり、共にその成果を分かち合うことを理念として、業務に取り組んで参ります。当社運営に際しては、お客様の最善の利益の追求やコンプライアンス重視等を経営理念とし、当社事業により創造する付加価値をお客様にご提供申し上げます。
    • 当社は、お客様本位の業務運営に関する基本方針、及びその取り組み状況をホームページ等に公表するとともに、定期的にこれを見直します。
  • 2.お客様の最善の利益の追求
    • 当社は、「お客様の最善の利益の追求」を経営理念としており、金融事業者として、高度の専門性と倫理性を保持し、公正・忠実に資産運用業務を行うことにより、プロフェッショナルとしての見識をもって、お客様へ最善の利益を提供することに努めます。
  • 3.利益相反の適切な管理
    • 当社が行う取引に際しては、利益相反行為によりお客様の利益が損なわれることのないよう、利害関係者を適切に把握・管理するとともに、利害関係者と取引を行う場合には、取引の公正性や適切性を確保するために社内規則に各種基準を定め、厳密な審査手続きを踏襲します。
    • 利害関係者取引に際しては、コンプライアンスオフィサーが取引内容を審査し、コンプライアンスの観点から問題ないことを確認した後、取締役会へ諮り、取締役会において各種基準への適合性等を含めた取引の適切性を審議し、承認・決議した後、取引を実施します。
  • 4.手数料等の明確化
    • 当社は、お客様が当社に対して支払う手数料その他の費用の詳細に関し、当該手数料等がどのようなサービスの対価に関するものかを含め、お客様に十分なご理解を頂けるような情報提供に努めます。
  • 5.重要な情報の分かりやすい提供
    • 当社は、金融商品取引法及び一般社団法人日本投資顧問業協会等の法令諸規則等の定めに則り、適時に適切な情報の開示を行うとともに、お客様の投資判断に有用と考えられる各種情報を適宜、自主的に開示するなどし、重要な情報の分かりやい提供に努めます。
  • 6.お客様にふさわしいサービスの提供
    • 当社は、お客さまの取引目的、属性、ニーズ、資産の状況等を十分に把握し、お客さまの知識や経験に照らして適当と考えられる金融商品・サービスの提案を行います。
  • 7.従業員に対する適切な動機づけの枠組み等
    • 当社は、コンプライアンスを経営の最重要課題の一つとして位置付け、経営理念に謳うとともに、法令等を遵守し、適正な業務運営を行うためのコンプライアンス研修を定期的に実施するなどして、役職員の一層の意識向上を図ります。
    • 当社は、定期的に内部監査を行い、業務全般の適切性や効率性を検証するとともに、お客様本位の業務運営状況についても、その実施内容を検証し、更なる改善に努めます。